プログラミングを身に付ければいろんな仕事を効率的にこなせるようになる

パソコンやインターネットは20年前から普及しだし、今では仕事をするうえで欠かせないものとなりました。
エクセルやワードが使えれば十分と思う人も多いかもしれませんが、もう一歩踏み込んでプログラミングが少しでもできるようになれば、いろんな仕事を効率的にこなせるようになっていきます。
もし、完全にプログラミングスキルを身に付けることが出きたなら、ITエンジニアになって独立することも夢ではありません。
あのホリエモンもプログラミングスキルを身に付けたことで成功をおさめることができたと言っても過言ではありません。
また、最近では学校教育にもプログラミングの授業が導入されたことからもわかるとおり、プログラミングの需要はどんどん高まっています。
さらにIT業界はITエンジニアの数が不足しています。
どこも人手の取り合いなので、転職市場は圧倒的に売り手市場となっています。
でも、プログラミングスキルを身に付けるのは簡単ではありません。
独学して身に付けることもできなくはありませんが、効率よくプログラミングスキルを身に付けたいと思っているならプログラミングスクールに入るのが一番の近道です。
プログラミングスクールならどこでもいいのかというと、そういうわけでもありません。
できればマンツーマンに近い状態で学習できるスクールがいいでしょう。
たとえば、コーチテックというプログラミングスクールです。
コーチテック
コーチテックは現役のITエンジニアが専属コーチとなってくれるので、実戦的なアドバイスを受けることができます。
ちなみにコーチテックはオンライン完結型のスクールなので、通学する必要は一切ありません。
基本的にはカリキュラムに沿って毎日自宅で一人で学習を進めていくことになりますが、特に心配する必要はありません。
なぜかというと、わからないことがあったとしてもLINEチャットですぐに専属コーチに質問することができるからです。
ほとんどの場合、30分以内に返答がもらえるので、「学習が全然進まない」なんてことはないわけです。
毎日専属コーチに学習の進み具合を報告したり、週に一回、専属コーチとの面談の機会があるので、適切なアドバイスを受けることができ、モチベーションの維持にもつながります。
通学や受け身の授業といった、これまでのよくある「無駄」を徹底的に省いたスクールがコーチテックなんです。
このように、効率化を追求しているスクールなので、最短2ヶ月でプログラミングスキルを身に付けることができます。
リーマンショックやコロナショックにより、経済は悪化し、求められる仕事の能力はどんどん高まりつつあります。
これからの時代は、もはやプログラミングスキルは必須といっても過言ではない時代になっていくのではないでしょうか。
プログラミングスキルはできるだけ早く身に付けておくのがよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です